おだわら

一店逸品 > 美の政

杉田の梅干

美の政 <店舗情報はこちら>


1週間収穫を遅らせ、木で充分に完熟させた梅の実を漬け込みます。熟成まで3年を経て作られます。杉田梅はクエン酸の濃度が他の品種に比べて最も高く、疲労回復効果があるとされており、身体に良いと言われています。
杉田の梅干は大粒で大変立派な面立ちをしています。大切な方への贈り物にはもちろん、普段のお食事にもお気軽にお試しください。

美の政

創業約100年、小田原名産の店、美の政。地元小田原市民はもちろん、観光で小田原に立ち寄った方々にも親しまれています。自慢の逸品は創業当時から取り扱う、「杉田」の梅干です。杉田という品種は「幻の梅」と呼ばれる貴重な品種です。その他にもお土産にぴったりな商品を多数取り揃えております。

店舗内には、喫茶スペース「六番館」があり、珈琲などのお飲み物や軽食、甘味、デザートなどがいただけます。ゆっくりとくつろげる落ち着いた雰囲気の店舗です。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。
店内の一角には、大正時代に皇室の方々が梅干をお買い上げになった際の記念碑が展示されています。また、創業当時からのお客様のお名前や取引先の屋号、火消しの方々の名前が記された「招木(まねき)」などが飾られており、古くから続く商家の歴史に触れることができます。

杉田の梅干のひみつ

♦岩塩を使っています。
♦干し時間を長くとることによって、梅の色が鮮やかに出ます。
♦梅本来の果実味が濃く感じられることが特徴です。

製造

生産者の穂坂雄一さんは、小田原市下曽我で「杉田」の梅を栽培し、品種を守り続けています。杉田梅を生産している農家は数少なく、貴重なため「幻の梅」と言われています。美の政では、梅の木を育てることから漬け込みまで全てを穂坂さんにお願いしています。

保存

当店の梅干は冷蔵庫には入れず、常温で保存してください。何年おいても傷みません。

杉田梅の由来

現在の横浜市磯子区の杉田地区に由来して、「杉田」と名付けられました。
一説には、鎌倉時代、小田原の僧侶が千葉の茂原へ出かけた際、帰りに時化(しけ)にあい、杉田に寄港。このときに梅の実をお礼にと差し上げたため、梅が杉田に伝えられたと言われています。
杉田で栽培されていた梅が、何故、小田原市曽我に伝わったのか、詳細は不明です。

小田原の梅干の歴史

小田原北条氏の時代に梅の実を兵士の食料とするために、侍屋敷に梅の木が植えられたという説があります。
梅の栽培が盛んになったのは、近世後期の大久保忠真の時代と言われています。藩の財政救済の手立てとして梅の需要が高まったそうです。 小田原、国府津、前羽では、製塩が行われていたことも、梅干製造が発展する要因になりました。
また、江戸時代後期に箱根の難所を越える旅行者が増え、小田原宿は大変賑やかになりました。小田原宿の旅籠屋(はたごや)では、客に持たせる弁当に腐敗を防ぐための梅の塩漬けを添え、その梅は旅行者の喉と心を癒したと言われています。
1853年2月、小田原城下では大地震が発生しており、被害の大きかった地域の家族に梅干を下賜しました。小田原藩が災害や飢饉などに備える備蓄食料としても、梅干の生産を進めたことから、梅干は小田原にとって欠かせないものとなっていきました。

※参考文献
中野敬次郎『小田原近代百年史』形成社,1968
小田原市編『小田原市史(通史編・近世)』小田原市,1999
乗松祥子『宿福の梅ばなし』草思社,2004

Rie Suzuki & Etsuko Suzuki

5代目 鈴木悦子

地元小田原の皆様、観光で当地を訪れた方々など、多くの人に手にとっていただきたいという願いを込めて、「梅干」の品質と価格の管理を心がけております。気候に左右されるため、生産の管理は難しいこともあります。しかし、大量生産はせず、ひとつひとつに時間をかけて製造した商品を取り扱っております。
3人の子供を育てながら、仕事に携わってまいりました。5代目として当店を引継ぎ、6年目を迎えました。当店にお越しいただいたお客様には、また立ち寄りたいと思っていただけるよう、真心を込めて対応させていただいております。ぜひお気軽にお立ち寄りください。

Location

小田原名産の店「みのまさ」です。 一番の自慢は梅干。当店はクエン酸の含有量が最も多いといわれる幻の梅干「杉田」を取り扱っております。杉田種は代々小田原曽我の一軒の農家で昔ながらの製法で育てられています。木で充分に完熟させたものを漬け込み、3年間熟成させた本物の梅干です! 是非一度ご賞味下さい。お客様の楽しい旅の思い出のひとつとなりますよう、ご来店お待ちいたしております。

Address

〒250-0011
小田原市栄町2-1-3

TEL 0465-22-2354

Store Hours

10:00-18:00

Closed on the 2nd and 4th Thursdays

一店逸品の一覧へ戻る>

バナー

広告

広告

本サイトの閲覧については、ブラウザの最新バージョンのご使用を推奨致します。

Copyright©Commerce and store confederation of Odawara, NISHINADAVID Co.,Ltd 2000- All rights reserved.